ハイヤーの良い点について

ハイヤーはなかなか利用できるものではないというイメージがありましたが、現在では身近な交通手段としても利用され始めています。タクシーのように普段から頻繁に利用できるものではありませんが、品質の面から見るとより満足度が高く、個人個人にあわせたオーダーメイドのような使い方ができるのも面白いポイントです。

まず、ハイヤーの車両には高級車を利用していることが多いです。そのため、車両の快適性は格別と言えます。また、6、7人で移動する場合などは、ハイグレードのミニバンを使用しているケースも珍しくありません。会社ごとに扱う車種は異なりますが、9名が乗車できるジャンボハイヤーを複数台用意しているところもあり、便利に活用できます。

活用シーンでは、法人での利用が主体となっていますが、企業の高い役職の方が通勤で利用したり、接待などの送迎で利用されることがあります。企業が専属契約をして、ドライバーとハイヤーを社用車と同じ扱いにできることは、企業側のコスト管理にも一役買ってくれます。

タクシーでは、利用者が道案内をしない場合、ドライバーの判断で目的地までの道のりが決まりますが、ハイヤーではその道順も事前の契約時に決めることができたり、渋滞や事故の状況を配慮して最適な道順を走行してくれます。ドライバーは地理に詳しいと同時に、臨機応変な対応ができる、時間配分を考えて行動できるといった、利用者の事を考えたサービスを提供しているのが特徴です。ハイクオリティなサービスを維持するための教育や試験が行われている会社もありますから、利用者は安心できて気持ちのゆとりも感じられるでしょう。

そして、一般の方が観光などで貸し切りの利用を想定している場合には、比較的リーズナブルな料金での利用となることがあります。事前予約ならではの充実したサービス内容といった点も魅力であり、人数やシーンなど用途に合わせて最適な車両を選ぶことができます。観光時に利用するとなれば、周りの目を気にすることなくゆっくり移動の時間を過ごすことができたり、行きたいと思ったら急遽立ち寄ってもらうことも可能です。観光地や穴場にも精通したプロが対応することにより、より快適で効率良い観光を楽しめます。また、英語を中心として語学を得意とした運転手も多いため、海外の利用者にも適応できます。ハイヤーを利用して特別な日に最高の演出をすることもでき、サプライズにもぴったりと言えるのではないでしょうか。