ハイヤーは誰でも利用することができる

目的地まで車で運んでくれるサービスとしてはバスやタクシーがあります。ドアtoドアで目的地まで行けるのがタクシーです。タクシーの場合、一般的に普通乗用車を用いて専門の免許や許可を得た人が運転してくれるサービスですから、公共交通機関がないような地域であったり、目的地のすぐそばまで行って欲しいといった場合に利用されます。

そして、タクシーよりワンランク上の存在として知られるのがハイヤーです。ハイヤーとタクシーでは、目的地まで車で送ってくれるということに違いはありません。どちらも、あくまで車を用いて人を運ぶことに対価を得る仕事のことです。ただ、タクシーは空車であれば止めて、その場で乗車することができます。つまり、利用したいと思ったらすぐに利用できるのです。
一方で、ハイヤーの場合には事前に電話などで利用予約をしておきます。たとえ街中で見かけたとしても、その場ですぐに利用するのは難しいです。しかし、前もって予約をしておくからこそ、ハイヤー会社側も様々な準備ができて、高品質なサービスが提供できています。

料金にも違いがあります。タクシーは乗客が乗った場所から降りた場所までの走行距離に応じて加算されていく仕様ですが、ハイヤーはそうではありません。ハイヤーの車庫を出てから、車庫に帰ってくるまでの時間制です。基本的に距離に応じて料金が変わることはないので、メーターが隠されていることもあります。

使われる車も違います。まず外観がタクシーの場合には、地域によってカラフルな塗装がされたものが見られます。しかし、ハイヤーの場合はたいていが黒塗りで、仕事や冠婚葬祭など利用シーンを問いません。次に、車種もハイヤーの方がワンランク上となっています。このため、利用者層もVIPなどを中心として、会社から自宅、空港といった目的地への送迎でよく使われます。人数によって車輛の変更は可能ですが、変更後の車種も高級車です。ただし、車輛によって利用料金が異なる場合もあるため、注意しましょう。

これらのように、ハイヤーは充実したサービスと高級感を提供しているため、一般の人は利用できないと思われがちです。しかし、実際には誰でも利用できます。例えば、観光時や冠婚葬祭の移動など、普段よりも少し特別な時の利用は、すでに普及しつつあります。また、多くのハイヤーの会社が、ホームページなどで幅広い活用プランを掲載しています。ちょっとした利用には費用が高いと思われがちですが、乗車人数で割り勘ができます。